本日は以下のゴルフ上達法のトピックをお届けしたいと思います。

なぜゴルフ上達法について調べる事になったかというと最近頻繁にゴルフに誘われるようになったからです。

milcinc.net

上記サイトから、ロブショットのカッコいい打ち方の内容を整理しました。個人的には非常に使えると思ったことです。

ロブショットは基本をしっかりマスターすれば、とても格好いいショットです。

しかし、適当にやってしまうと悲惨な結果を招いてしまいます。

距離を合わせてピタッと寄せるには大変ですが、しっかり練習を重ねることで、正確性を高めていけるでしょう。


ロブショットをマスターするための基本の3ポイントを紹介します。

1.使用するのはサンドウェッジかロブウェッジ

ロブショットを成功させるには、クラブ選びも重要です。サンドウェッジではバウンス角が大きくなるので、ロブウェッジを選んだ方が成功しやすいと言えます。

とりあえず、ライを確認してロブショットが打てるか見極める必要があります。芝がなかったりベアグラウンドだったりすれば、ロブショットの成功する確率はぐんと減りますから、チャレンジしない方がいいでしょう。


2.ボールの置く位置で決まる

ロブショットを打つ時のスタンスは、広めのオープンスタンスにあります。クラブフェースは開きフェースが上を向いた状態であることを確認してください。

ここでボールを置く位置ですが、スタンスの中央に置きましょう。ここに置くことでミスを減らすことができます。


3. 手首は角度を固定しながら打つ

ロブショットでは、手首の角度は固定すると覚えてください。手首の角度が変わってしまうと、ボールの飛距離や高さなどが変わってきてしまいます。同じような振り幅で同じような距離を出すことが目的なので手首の角度は固定したほうがいいでしょう。この時のポイントは、右手のグリップをやや強めに握ること。そして、バックスイングは大きくゆっくりと振りましょう。これでショートしてしまう確率を減らすことができます。

ゴルフ上達法が気になっている人にはためになる内容だと思います。

ゴルフ上達法のことはもう少々調べるのに時間を掛けてみようと思います。追って情報が集まったら更新していきます。